LAN工事ドットコム

「YGさま邸」LAN工事① ”調査・配線設計”

「どらあい」出張LAN工事の記念すべき?初依頼を、川崎市内に新築一戸建てをご購入されたYGさまより頂きました。丘陵地に造成された閑静な住宅街にあるピカピカの一軒家に伺っての詳細なLAN工事事例をご紹介します。

建物の構造:木造在来軸組み工法2階建て4LDK+ロフト

販売体系:建売住宅

完成日:2007年3月

YGさまのご希望

このご希望に沿って、LANケーブルの埋め込み配線が可能かどうかを見極めながら調査・配線経路を考えます。

1F平面図

1F平面図
浴室天井裏の様子
拡大表示

写真①

まずは既設の天井点検口である浴室点検口から調査開始です。

これは浴室から洗面所方向の様子。電話線用配管のCD管が見えるはずですが、太めの野ぶち受けが邪魔をして場所がよくわかりません。

ダウンライトの位置の天井裏の様子
拡大表示

写真②

洗面所にあるダウンライトを外して、天井裏の様子を撮影。左手手前が浴室方向です。

浴室からは見えなかったCD管が下に向かって配管されている様子がわかります。

CD管が既に配管されているボックスを外す
拡大表示

写真③

CD管が配管されているボックスを開けてみます。CD管をここまで通すのに特に問題はなさそうです。

ここから浴室天井裏までCD管が配管できればONUを浴室天井裏に設置することができ、さらにここにLANコンセントとテレホンモジュラが設置できるようになると思われます。

2F平面図

2F平面図
2F各部屋の埋め込みボックスを外す
拡大表示

写真④

2Fの各部屋にテレビコンセントがあり、全てにLANコンセントを設置したいとのご要望ですので、まずは埋め込みボックスを外して中の様子を調べます。

ここは主寝室のテレビコンセントボックスです。

埋め込みボックスを外した壁の中の様子
拡大表示

写真⑤

壁の中の様子です。残念ながら1F天井裏に通じるすき間が全くない状態です。

アンテナ線(同軸ケーブル)が1F天井裏から立ち上がって配線されているのですが、穴を開けて配線されています。

LANケーブルが1F天井裏に通った
拡大表示

写真⑥

同軸ケーブルが通っている穴は少しスペースに余裕があるようなので、細い針金を呼び線にしてLANケーブルをつけて通してみました。

浴室天井裏から見ると、通したLANケーブルが見えました。(水色の線)
ラッキーです。2階への通線のメドが立ちました。(^^)v

1Fリビングへの配線は天井点検口の設置が必要
拡大表示

写真⑦

2F主寝室以外の部屋とリビングのテレビ設置スペース裏への通線は、天井点検口を設置する必要がありそうです。

配線調査終了です。配線計画のご提案は以下のようになりました。

YGさまへのご提案内容

当初リビング内の電話口付近にONUやルータを置こうとお考えだったようですが、配線や機器の設定が終わってしまうとランプの確認ぐらいしか用がなくなる機器たちなので、天井裏の方が見た目が良くなります、とお話させて頂きました。

また、リビングの天井に点検口をつけるのは新築ということもあって見た目をご心配されました。ご夫婦で相談して決断を下したいとのことです。

次のページでは、いよいよLANケーブル埋め込み配線の実際をご覧頂きます。

「YGさま邸」LAN工事② ”配線施工・調整”