LAN工事ドットコム

専用部材で簡単・正確にケーブル作成

ギガビットHUBやNASなど、最近のギガビットLAN機器の低価格化は目覚しいものがあります。家庭内LANにおいてはカテゴリー5eからカテゴリー6へと移行しつつあるのかなという印象を持っていますが、あなたのお家ではいかがでしょうか。管理人の家はカテゴリー5eです。

カテゴリー5e(エンハンスドカテゴリー5)ケーブルでも1000Base-Tまでは対応できるので一応ギガビット対応と捉えることができますが、新たにLANケーブルを買う、LANケーブルを配線するという事ならば、上位規格のカテゴリー6を選択したいものです。5eと6の価格差もほとんどないことから、プラグ付けやLANコンセント設置などの整端処理が正確にできるならばカテゴリー6を選択しない手はありません。

ここではカテゴリー6用のパーツを用いてカテゴリー6LANケーブルを自分で作成するための手順をご紹介します。専用パーツと正しい作り方によって、自由自在に高性能な家庭内LANの構築が可能になります。

作成方法

使用材

単線仕様カテゴリー6LANケーブル 300m入り 拡大

カテゴリー6LANケーブル

東京秋葉原に本社のある愛三電気(株)社製のLANケーブル。単線仕様で色はアイボリーです。ケーブル内にあるセパレータが柔らかく作られていて、カテ6にしては取り回しが楽にできます。

ケーブルが8の字の形に収納されているので、引き出した時にケーブルがねじれることがありません。とても便利です。

サンワサプライ製カテゴリー6対応RJ-45プラグ 拡大

RJ-45コネクタ

サンワサプライ製のカテ6に完全対応したプラグADT-6RJ-10です。ロードバーにて線を揃えて確実に圧着させるセパレート方式を採用しています。この方法で作成することによりカテゴリー6のケーブル自作を可能にしました。

RJ-45コネクタカバー 保護ブーツとも呼ばれる 拡大

RJ-45コネクタカバー

これは特にカテゴリー6対応品ではありませんが、カテ6ケーブルはカテ5eケーブルよりやや太くできているのでカバーによってはケーブルが通らないということもあります。購入の際は太さに注意してください。
画像のものは、同じく秋葉原にある俺コンアキバで購入したカバーです。袋の中身と色が違いますが、色が違うだけで同じものです。

使用工具

LANケーブル作成に必要な工具 拡大

左から

LANコネクタ圧着工具

サンワサプライ製の圧着工具HT-500R。カテゴリー6用RJ-45プラグADT-6RJ-10推奨の圧着工具です。値段はけっこうしますが、ラチェット付きで信頼性は高いです。ADT-6RJ-10に限らず、ほとんどのRJ-45プラグを圧着することができます。電話用モジュラープラグ(RJ-11)の加工もできます。が、実際にやったことはありません。

外皮むき工具

カッターでも外皮をむくことはできるのですが、これがあるのとないのでは作業効率が全然違います。この手のものはいろいろなメーカーから発売されていて、価格も安いので持っていると便利です。

ニッパー

こちらは至って一般的なフツーのニッパーですが、この作業には必要なので用意しましょう。

では、ストレート結線LANケーブルの実際の作成手順を見ていきましょう。

カテゴリー6ケーブル作成方法