LAN工事ドットコム

LANケーブルの作り方(Cat5e)

LANケーブルを自作して自由な長さのケーブルを手に入れる

カテゴリー5eLANケーブルの自作方法をご紹介します。誰でも簡単に作れるように一つ一つの工程に画像を交えながら書きました。あなたの参考になれば嬉しいです。

作成方法はこちら

自作するメリットとしては次のようなものが挙げられます。

PCショップに行くとLANケーブルを自作するためのケーブルや圧着工具コネクタが売られているので、それらを購入することで作ることができます。作成手順さえ間違わなければさほど難しくはありません。

また、当サイトのテーマである「自分でLAN工事」を達成するためにはLANケーブルの自作は必須です。ケーブルを天井裏や壁の中に配線する上で、プラグのついたケーブルをそのまま通すよりケーブルだけを通して後からプラグ付けをする方が遥かに簡単だからです。

プラグが付いたケーブルは最初から長さが決まっていますので「これぐらいの長さで届くかな?」と思って用意したケーブルが短くて届かなかったり、逆に長すぎてやたらとケーブルが余っちゃった、なんていうことも十分考えられます。ケーブルを配線して無事に通ったら適宜切断しプラグをつける。こうすることで手間もコストも抑えることができます。LANケーブルの自作は埋め込み配線の第一歩となります。

さて、LANケーブルと一口に言っても実はさまざまな種類があり、自作するにあたり材料を揃える時には注意が必要です。作成手順をご紹介する前にLANケーブル概要をご説明します。

LANケーブルのカテゴリーとは・・・

UTPケーブルの電気特性を表すグレードのこと。広く一般的に使われているものとしてエンハンスドカテゴリー5(カテゴリー5e)、カテゴリー6などがあり、最近では10ギガビット(10Gbps)対応のエンハンスドカテゴリー6(カテゴリー6e)10Gbps)やカテゴリー7も入手することができます。

UTP・STPとは・・・

単線仕様・ヨリ線仕様とは・・・

単線仕様ケーブルの構造
単線仕様の
導体イメージ
ヨリ線仕様ケーブルの構造
ヨリ線仕様の
導体イメージ

RJ-45プラグとは・・・

RJ-45プラグ外観
拡大表示

LANケーブルで使用するプラグ名称のこと。

カテゴリー5、5eではプラグ付けにそれほど精度が要求されないので、1ピースのものが一般的で整端しやすいです。

カテゴリー6以上になるとヨリを解く部分をなるべく短くする必要があるので、ガイド(ロードバー)付きの2ピースのものがオススメです。

ちなみに電話線に使われているモジュラーケーブルについているものはRJ-11プラグといいます。


LANケーブル、RJ-45プラグは”単線仕様”のものが基本

LANケーブルを自作する目的として”埋め込み配線”の為だとしたら、LANケーブルは長尺向きで安価な「単線仕様」のものを選びましょう。併せてプラグも単線仕様RJ-45プラグを用意するようにします。

逆に部屋の中で使うのが目的だったら「ヨリ線仕様」のLANケーブルがオススメです。単線仕様LANケーブルでも使えなくはないのですが、部屋の中で使うケーブルはPCデスクや家具のうしろ側に押し込まれるなど、狭い場所で使うことが多いです。硬くて曲げに弱い「単線仕様」LANケーブルより、柔らかく曲げに強い「ヨリ線仕様」LANケーブルのほうが向いています。

ただ、部屋の中で使う目的であれば定尺のケーブルを購入した方が手間いらずで安上がりなケースもあります。目的に応じて自作してみてください。

LANケーブルの作り方(カテゴリー5e)

話が長くなりました。では実際にLANケーブルを作ってみましょう。作成にあたっては必ずLAN配線の規格に則り作成します。

LAN配線の規格とはLANケーブル内の8本の導線の配線順を規定したもの(ANSI/TIA/EIA-568-B)で、標準(A配線)、オプション(B配線)の2通りの結線方法が定められています。

配線イメージは以下のとおりです。

ストレート結線(A配線)
拡大表示

ストレートケーブル(A配線)
ストレート結線(B配線)
拡大表示

ストレートケーブル(B配線)

2つの方法の違いは緑色の導線とオレンジ色の導線が逆になるだけで、性能に差はありません。また、どちらで作成しなければならないということもありません。ストレートケーブルを作る場合は両端をA配線、またはB配線で統一する必要があるので、そこだけ注意して作成してください。

しかし、実はLANケーブルの中の導線の配置の関係でB配線で作成する方が簡単です。なぜか?それは実際に作ってみると良くわかります。市販品もほとんどB配線です。

また、LANケーブルにはストレート結線とクロス結線の2種類があり、片方をA配線、もう片方をB配線にすることでクロスケーブルを作ることができます。

クロス結線(10,100Base)
拡大表示

クロスケーブル

片方をA配線、もう片方をB配線にすることでクロスケーブルができます。(10Base-T、100Base-TX)

1000Baseのクロスケーブルは配線が異なります。LANケーブルのページでご紹介しています。

しかし、今となってはHUB等にAuto-MDI/MDI-X(LANケーブルがストレートかクロスかを自動判別する)機能が装備されているのでクロスケーブルを使うケースはPC同士を直接ケーブルでつなぐ時ぐらいでほとんどありません。

作成方法はこちらから