LAN工事ドットコム

玄関ドアのカギが回らない!

管理人の家は今年(2015年)で既に築15年になります。床は傷つき、壁紙は汚れ、あちこち大分ガタが来ています。なんとかしなきゃならんのですが…なかなか思うようにできません。

そんな中、家族の不評を買っているのが玄関ドアのカギ。こちらも同じく15年使用しているもので、「スムーズに差し込めない」「引っかかって回らない」「カギが抜けない」と、もうほぼ壊れている状態です。おまけに古いタイプのカギでしてピッキング被害に会いやすいものだというレッテルまで貼られている始末です。

もうこうなったら交換しかない!

Googleにいろいろ検索をかけてみると、なんとかウチの玄関ドアにマッチするカギが見つかりました。しかも今主流でピッキングされにくいと言われているディンプルキー。DIYでの交換を前提にYahoo!ショッピングでポチりました。

では、交換作業の様子をご覧ください。

玄関ドア外観
拡大表示

管理人の家の玄関ドアです。

トステム(現LIXIL)製の「プレナス2」という製品です。当然ながら生産終了品。今回交換するのは画像に写っている上下のカギ両方です。

玄関ドア製品ラベル
拡大表示

製品名ラベルが親子ドアの親側、上部の吊元付近に貼ってありました。ドアを開けると見えます。

断熱ドアって事だったらしいんだけど、北向きのせいか冬場は結構結露します・・・

玄関ドアのカギ穴部分
拡大表示

シリンダー部分です。

上段は楕円形で「TOSTEM」ロゴが刻印されています。下段には刻印はなくカギ穴だけなので丸型。

サムターン取り外し
拡大表示

ここから交換作業の様子です。

内側のサムターン部分のビスを外します。これだけですぐにシリンダーが取れてしまいます。なんと簡単な事か。

新旧シリンダー比較:正面
拡大表示

新旧シリンダー比較:側面
拡大表示

新旧シリンダーの比較。左が新しい方です。

正面からの見た目はほぼ一緒ですが、左の新しい方はカギ穴の周囲がややグリーンがかっています。蛍光素材が施されているんでしょうかね。古い方はただ汚れているだけか。

そして奥行きがだいぶ違いますね。下の新しい方が浅いです。取り付けられるんだろうな・・・

カギの新旧比較
拡大表示

所持するカギの方は長さがだいぶ違います。左の新しい方(DNタイプ)が短いのでシリンダーの奥行きが浅いんですね。古い方(右)は「UR」タイプと言うそうです。どちらも美和ロックです。

新しい方のカギには画像処理をしています。

新しいシリンダーの取り付け
拡大表示

新しいカギ本体を玄関ドアに取り付けます。っと、取り付ける前に穴部分の掃除も忘れずに。

単純に外側からはめて内側からビスで固定するだけ。ドライバー1本あれば誰でもできます。サムターンとビスは元々のものです。

シリンダー交換完了
拡大表示

上下段共に交換終了。作業時間10分ぐらい?

一番最初の写真と見分けがつきません(^^;

スムーズな動きが快適
拡大表示

早速操作感を確認。いやー、新品はいいですねえ。動きの滑らかなことこの上ない(^^)v

ディンプルキーになってセキュリティが格段にアップ。使い勝手向上と共にとても安心できます。見た目も以前と何ら変わらないので全く違和感がありません。大変満足です。

今回の交換に関しては、どのカギがウチの玄関ドアに合うのかを探し出すのに手間取りました。ググル先生にいろいろなキーワードで検索するもなかなかわからなかったんですが、「トステム プレナス2 鍵」と聞いてみると、「鍵と防犯グッズの卸売センター」というページがヒット。こちらのサイトはとても親切です。

以下の情報を入力することで交換用シリンダーを選び出してくれます。

玄関ドアのノブ形状とカギ形状(今回はディンプルタイプのDNシリンダー)、色味(ゴールド)を選択すると適合する交換用シリンダーが表示されます。 そして交換方法を図解付きで説明してくれています。これで間違いない、入手するべき品番はわかりました。

しかししかし・・・その品番であらためて検索すると他でもたくさん取り扱っています。中でも特に安かったのがYahoo!ショッピング内の「Rio de Net」(リオデネット)というお店。運営しているのは「LIXIL FC マドリエ」というLIXIL製品専門店ということらしいですね。トステム製品のアフターを一手に引き受けている模様で、安く提供できるのもちょっと納得できます。楽天市場にもあります。

Rio de Net Yahoo!ショッピング店

Rio de Net 楽天市場店

鍵と防犯グッズの卸売センター

鍵と防犯グッズの卸売センターさんには貴重な情報をいただいたのにお願いせず大変申し訳ありませんです・・・価格がそれほど違わなければ良かったんですが、結構違ったものでして・・・ゴメンナサイm(_ _)m


因みになんですが、今回購入したような交換用シリンダーは見た目が同じで違う種類の物がたくさん存在します。見た目が同じだからといってそのまま交換ができるわけではないので注意が必要です。特に注意したいのは「錠前フロント刻印」の部分です。DIYで交換しようとお考えの方は十分ご注意を!!